ニンニク料理を食べた時に使える生活の方法

果物の多くは生で食べることが多いです。

リンゴの味を変えずに変色しにくくする生活の方法

ニンニク料理を食べた時に使える生活の方法 果物の多くは生で食べることが多いです。そのままかぶりつけるものもあればきれいにカットして食べるものもあります。その他の食べ物にデコレーションとしてつけることでよりおいしくできることもあります。フルーツの皮をむくと何が起こるかですが酸化です。酸素に反応します。ほかの食品でも酸化はありますが、フルーツは目で見ての変化が大きいです。

生活の中ではリンゴを食べる機会が多いかもしれません。リンゴは向いたときはきれいなクリーム色です。でも時間が経ってくるとどんどん茶色く変色します。変色したとしても味はそれほど変わりません。ですから気にせず食べればよいですが、人に出すときにあまり茶色のものを出すのは良くありません。この時にいくつか防ぐ方法があり良く行われています。

良くあるのはむいた後に塩水につける、レモン水に付けるなどです。これをすると塩味、レモン味が付いてしまいます。そこで丸ごと50度ぐらいのお湯に付けます。その後に塩で皮の上からもみます。後は水洗いをして皮をむくだけです。この状態で放置していてもしばらくは変色しません。皮の上から塩でもんでいますが塩水につけるほど塩味がするわけではありません。リンゴそのものの味を楽しめます。


Copyright(c) 2019 ニンニク料理を食べた時に使える生活の方法 All Rights Reserved.