ニンニク料理を食べた時に使える生活の方法

肉を煮込んだり野菜を煮込んだりする料理があります。

煮物料理をガス代を節約しながら作れる生活の方法

ニンニク料理を食べた時に使える生活の方法 肉を煮込んだり野菜を煮込んだりする料理があります。強火で短く煮ればいいわけではありません。良く煮込むには弱火で長く煮込む必要があります。弱火でも火をつけたままなのでそのまま放置するわけにはいきません。ある程度は様子を見ながら管理することになります。鍋の中をかき混ぜることで焦げ付きを防ぎます。もちろんガスがついたままなのでガス料金はどんどんかかります。

生活をしていく中ではできるだけ節約をするのが良いでしょう。料理の中には最初から長く煮ることが分かっているものがあります。この時には特別な仕組みを利用します。市販されているものとして鍋を保温する鍋があります。一組になっていて、最初にガスで加熱しておきその後に鍋ごと鍋に入れて蓋をします。高温の状態が維持されるので弱火で煮ているのと同じになります。焦げ付いたりすることはありません。

手作りで保温する部分を用意することもできます。綿などを使って鍋を包むクッションを作ります。もっと本格的にしようとするなら発泡スチロールとアルミホイルを使った道具を作ります。鍋が入るサイズの発泡スチロールの周りをアルミホイルで包むようにします。発泡スチロールは外に熱を逃がしません。アルミホイルは中の熱を反射させるのでより温かい状態をキープしてくれます。

お役立ち情報



Copyright(c) 2019 ニンニク料理を食べた時に使える生活の方法 All Rights Reserved.