ニンニク料理を食べた時に使える生活の方法

暑くなってくると美味しくなるのが冷たい食べ物です。

冷たいものを食べて頭が痛くなるのを減らす生活の知恵

ニンニク料理を食べた時に使える生活の方法 暑くなってくると美味しくなるのが冷たい食べ物です。アイスクリーム、かき氷、その他キンキンに冷えたビールなどがあります。0度まで冷やしたビールなどがありますから、暑いときに飲むと最高に美味しく飲めます。冷たくておいしいですが気になることもあります。口に入れた時にキーンとこめかみのあたりから頭が痛くなることがあります。それさえなければどんどん食べられるのにと感じるでしょう。

まずはなぜ冷たいものを食べるとキーンとなるのかを知っておく必要があります。この痛みはもちろん病気の痛みではありません。でも脳が痛みを発信しているのも事実です。冷たいものを口に入れた時にかき氷などの、ものすごい冷たいものは冷たいという情報を脳に送ります。この時あまりに冷たいと冷たいだけでなく痛いも一緒に送ってしまいます。そのために痛みを感じます。

生活の中ではどんな工夫をすれば痛みを抑えられたり感じなくなるかです。冷たいの刺激が口以外にもある状態にします。簡単なのは食べているかき氷をこめかみなどに当てることです。するとこめかみも冷たい、口の中も冷たいなので混乱しにくくなります。食べた時には口の中の冷たさは冷たいだけが脳に届けられます。食べる前にまず頭を冷やしてから食べるようにすれば気分よく食べることができます。


Copyright(c) 2019 ニンニク料理を食べた時に使える生活の方法 All Rights Reserved.