ニンニク料理を食べた時に使える生活の方法

心と体は繋がっているということで、日常生活でも体調が心に影響してきますし、反対に心が乱れてくると体に影響を与えてしまいます。

生活上の感情の影響と健康管理

ニンニク料理を食べた時に使える生活の方法 心と体は繋がっているということで、日常生活でも体調が心に影響してきますし、反対に心が乱れてくると体に影響を与えてしまいます。病気があるとその病気を悪化させるとも言われています。ですので、健康管理でも心と体の関係を考えて管理することが必要になります。普通は心と体が繋がっているという意識はなく、体のどこかが悪いと、その部分だけ治そうとしますが、案外心の状態が悪いので、その部分に影響が強く出ているのかもしれません。例えば怒りは激しい心の作用ですが、血圧をあげて、脈拍を乱し、ますます病状を悪化させます。医師が病人に安静にしていてくださいというのも、精神的な影響を考慮しているのでしょう。安静にしていた方が病気も治りやすいということです。

怒りなどの激しい感情を癒したりおさえたりするポイントとしては、まず気持ちを静めることが必要です。怒りでは頭に血がのぼるという表現をしますが、意識を頭から他の部分に移すという方法が世界中で行われてきました。日本では、腹に感情を移す、臍下丹田に力を入れたり、手のひらに意識を移すという人や足の裏を意識するという方法もあります。意識を移動できれば、怒りに駆られるということもなく怒りから離れることもできます。血が頭にのぼり安い人は健康管理の面からも対処法を工夫することが重要になります。


Copyright(c) 2019 ニンニク料理を食べた時に使える生活の方法 All Rights Reserved.